コーヒーショップで仕事をするビジネスマンと、東京のレンタルオフィスの発展

最近、スタバや、ドトールなどのコーヒーショップなどで仕事する人が大幅に増えた。
午後にコーヒーショップを見つけた場合は、ノートパソコンの前に座って仕事をする、 いわゆる「デジタルノマド」がかなり多い。
コーヒー一杯であれば、数時間滞在することができ、冷暖房も快適だからである。
毎回、働きやすいだけではない。
隣席の人がうるさく会話を交わすこともあり、集中力が乱れがちである。
また、トイレに行ってたり、飲み物を再注文しようとし立ち上がるとき置いてきたノートパソコンが盗まれる危険もある。
書類とインターネットメッセンジャーの会話内容などの情報セキュリティにも気になる。
実際に、世界90カ国以上、2万4000人の会社員を対象に調査結果をみると、これらのうち、78%がコーヒーショップで業務を処理するときに、自分の情報保護について心配される回答している。
コー??ヒー専門店のほか考慮してみるべき選択肢はある。
小規模レンタルオフィスが負担されると、ビジネスラウンジもよい。
ラウンジの個人座席でゆっくり仕事をすることができ。
コー??ヒーなどの飲み物も無期限利用可能である。
大規模なコーヒー専門店のアメリカン一杯の価格が通常400円程度と、 月に6?7回程度、コーヒー専門店で仕事をする場合は、選ぶことができる。
レンタルオフィス東京のオフィス事情について

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans